安さが売りの格安航空券!ですが購入のタイミングを間違えると通常より高くつくのでご注意を!

- 格安航空券を利用するメリットがとても大きい

博多湾の漁港

格安航空券を利用するメリットがとても大きい

航空会社と言ってもいろいろなところがあります。国内で言えば大手航空会社に該当するJALやANAがありますし、準大手や地域航空会社としてスカイマークやエアドゥ、スカイフライヤー、ソラシドエアなどがありますし、LCCとしてPeachやジェットスター、バニラエアなどがあります。実際にはLCCだけでなく大手などでも格安航空券は存在しますが、それを利用するメリットというのはどういうものがあるでしょうか。

何といっても安い

博多の大橋

飛行機が多くの人にとって身近になったという背景には格安で移動をすることができるということにあります。元々大手航空会社などでは早期に予約をすることによって安く利用をすることができるわけです。LCCにおいても空席に連動した形で運賃が決まりますので、空席があるうちに予約をすると安く利用することができます。

繁忙期であれば、LCCであってもそれほど大手と運賃が変わらないということが十分にあり得ますが、閑散期であれば大手の70%引きということも十分にあり得ます。LCCがいろいろなところを何とか節約することによって安い運賃を成し遂げていますので、閑散期ほどその恩恵を受けることができるのではないでしょうか。

旅行において何が一番負担に感じるのかというと交通費と宿泊費です。交通費というのは遠くに移動をするのであればなおさらかかります。遠くに行くともなると、電車やバス、フェリーなどで行くともなると安く行くことはできたとしても、目的地までたどり着いたときにどっと疲れるということにもなりかねません。そういう時に格安で行くチケットを購入するとサッと移動をすることができ、旅行が効率化されます。

また、LCCにもバニラエアセールなどの期間限定値下げもありますため、一度検索してみるのもいいかもしれません。

自由にルートを決めることができる

格安で飛行機に乗ることができるということは、自由にルートを決める際に役に立つのではないでしょうか。安く行くともなると、飛行機を利用しないという選択を取りがちですが、中・長距離になるとその分だけ移動に時間をかけることになります。移動に時間をかけることができるともなると、途中に立ち寄ってその観光地に行くということも自由にできるでしょう。

LCCを利用するのであれば、片道での利用が可能ですので、いろいろな行程で行くことができるというのが何よりもいいことです。自由にルートを決めることができますので、それに応じて交通機関を決めることもできるでしょう。格安でのチケットで安く上げたので、別のところにも行くことが可能でしょう。

浮いたお金を使ってどこかをアップグレードすることができる

格安で飛行機に乗ることにより、その浮いたお金を別のところに使うという用途もあるでしょう。節約したものをそのまま節約するというのもいいでしょうが、どこかにお金をかけるという使い方をしてもいいわけです。

まずは宿泊費にかけるというのもいいのではないでしょうか。ただ寝るだけではなくて、少し高いところに留まることによって旅の疲れをじっくりと取ることもできるでしょう。ホテルの有料サービスを実際に利用をするのもアリです。

その他にも食に使ったり、お土産物に使ったり、旅行範囲を広げてみたり、旅行先に使ったりすることもできるでしょう。もしかすると旅行の回数を増やすという使い方をしてもいいでしょう。一点豪華主義とは言わないまでも、どこかに思いっきりお金を使うのも悪くありません。

格安で移動するとメリットはたくさんある

格安で国内の移動ができるということはいろいろとメリットがあります。格安航空券を利用しますので、何といっても安いでしょうし、安さゆえに自由にルートを決めることもできるでしょうし、浮いたお金を使って豪華に使うことができます。